極東アルビノ/blog

まだ足腰が完調ではないのですけれども

完調って文字で見たらもちろんわかってるんですけどイントネーションは浣腸と同じですよね?ちがう?関西弁?

昨年のクリスマスイブに階段を転げ落ち、その翌日にぎっくり腰を誘発して以来、ステッキを購入してそれを頼りに生きてきてたのですけども、今日は試しもあってステッキなしで学校に出かけてみました(講師業)。
まぁもうそろそろ大丈夫かなーというのと、杖ついて出勤なんてすると必要以上に心配されそうだしこっちも「ツライんす!」アピールみたい!はずかしい!って気持ちもあってですね。いや実際やっぱりまだちょっとツラかったですけどもw

階段の上り下りとかはまだスムーズにいかないということはわかったのと、実際世の中はなかなかバリアフリーというわけにはいかないんだな!と足首捻挫した程度で実感しまくりますので怪我もたまにはしてみるのもいいかもしれません。
とりあえず個人スタジオの作画用の椅子はアーロンチェアはとっても優秀なんだな…!と痛感した次第。ふつうの椅子だと2時間座ってたら腰に負担がすごいよ!病み上がり!
アーロンだと半日は耐えられる。あと腰と足首は湿布とサポーターで固めてるからまだ大丈夫なんだと。
5年ほど前にはじめてぎっくり腰をやったときは2週間くらいで元気になった記憶が…もう2週間たったけど今回のは…これは…加齢のせいか…!?
とはいえ日に日に痛みはマシになってきてる気はします。

今日は講師業のほかにイラスト制作。とある企画用。
最近はクライアントのニーズにテイストを寄せすぎてるんじゃないかなーという危惧。なんで危惧かというとそれは結局本当に「クライアントが欲しいものそのもの」になりえないし、制作者側からしても納得や満足につながりにくいからだ。
なんかお仕事として「こなしてる」って感じになってるんじゃないかなと心配になったりそんな悠長なこと言うてるヒマじゃなかったり。
最近はオリジナリティとか、作家性みたいなことをよく考える。私にいちばん足りないもの(苦笑)

art20170111.png

  1. 2017/01/11(水) 03:01:16|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今更ながら、そしてずっと思っていますし皆さんわかってるとは思いますけども | ホーム | せっかくなので2016年よく聴いたなーっていう音楽をざっと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatuyutaka.jp/tb.php/255-d36d4167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)