極東アルビノ/blog

「こんばんは」と書くのに逆から読ませたい時は「わんばんこ」と書く

今年はなるべくブログ更新するぞー!と思ってたのにさっそく停滞しがちでいけません。
逆にもうTwitterとかやめてもいいくらいじゃね?と思うこともある場合もあったりなかったりもする。
Twitterというのは私的な交友関係でのコミュニケーションと公的な情報発信を同時に行うという意味で優れたツールだと思うが、一方で私的な交友関係のコミュニケーションと公的な情報発信が混同されたり意図しない方向に拡散されたりするリスクをはらんだツールでもあるとおもう。
まぁそんなもん今頃何言ってんのわかっとるわっていうのは私もわかっているわけですけども。
もう少し私は文字を書く訓練をする必要があると思う。という事に関して考えれば140文字という制限はハードルが高いのだ。気軽に見せかけてあんなにパーソナリティーの貧困さがうっかり浮き彫りになる錯覚に陥るツールは残酷なものにすら感じる。

でも一回やりはじめちゃうとやめるのは難しい。やめたらまたやりたくなったときになんとなく気恥ずかしいから。
引きこもりながらお仕事をしていると猛烈に人恋しくなってしまうこともあるのだ。
マンガを描くときもそうだしイラストを描くときもそうだし、こうして文字を書くときもそうだけど、私は無意識に公と個を切り離してアプローチし、表現をしようとしているんだと最近自覚した。遅いよ!私。
なので最近はそれをなるべく混ぜこぜにしていきたいと思っていて、その訓練のためにもこのブログをなるべく書いていく必要があるのだ。もっと日記のように日々の出来事をまとめていくべきではないかとおもっているのだ。

先日、だいだいだいだいすきなBUCK-TICKのアルバム「惡の華」の2015年ミックス版を購入以来愛聴しておりますが、近年もはや普通の概念のようになった「リマスター」どころじゃない、当時の音源をつかっていかに今様な音を再構築できるかという試み、そしてそれは成功しているように感じられ、とても楽しい。
「あーやっちゃった」みたいなオーバーな装飾はしていないし、それでいてあきらかに当時のCD音源とは別物で聴き比べれば聴き比べるほど楽しくもなったりする。今までBUCK-TICKのリマスター音源みたいなのは何度か出ていたし、実際それを聴いたときは「おーいい音になってるかも?」というくらいの変化を感じることはあったのだけども、今回の2015ミックスは本当に新鮮に感じる。

こういう試みはもっと他のミュージシャンやバンドにもしてみてもらっても良いような気もするけども、あんまりいませんね。

最近音楽のもつ可能性みたいなものをあらためて感じるけど、僕にはピアノがない、ギターはなぜか持ってるけどきみに聴かせる腕もない、ですよ。
ちょっとあらためて練習したいですねー。まずは弦を用意しなければ。
ぜんぜんマンガ家のブログじゃない気はしていますよ。ええ。


 
  1. 2015/03/06(金) 04:29:49|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ダイハツCOPEN XPLAYイラストコンテスト最優秀賞受賞ー! | ホーム | ドメインを取得してみました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://akatuyutaka.jp/tb.php/232-65e43aab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)