極東アルビノ/blog

スマホで長文を打つのがどうにも苦手らしい

どうもこんばんは。今回はそんなに更新期間あいてません!とかドヤれるほどの頻度じゃねえよ。
ものすごく今更気づいたことなんですけど、Instagramって新着順で表示されないんですけどなんで?
ツイッターもちょっとそういうとこありますけど。
なんか、あれってインターネット上でも格差社会が助長されてるんでないのか?と邪推してしまうのは私が見上げる側にいることにほかならないのではあるまいか。アルマイト。

そうなると結局こうしてブログから発信するのがいちばん手堅いのでは?という気持ちになったことかーらーの、更新ですよ。ええ。
もちろんだからといって特になにか書くことは…えっと、あったか?
あるよな!たぶん。

ここ数ヶ月の間、ご新規でお会いするお仕事関係の方や、同業者、そのた様々な人とお話させていただくと、まず「あの…ホットケーキアートチャンピオンってなんなんです?」っていう展開にだいたいなるっていう…!(苦笑)
でも、私ここ数年ちゃんと漫画描いてないし(じつはひっそり描いてたんですけどね去年)イラスト仕事もデザイン仕事もなんかよくわからない説明の難しい(あるいはできない)仕事もあったりして、そのどれもが中心と言い難い状態になっていて(でもいちおう肩書きは「漫画家」とさせてくださいまし)しょうじき私って何屋さんなん?って思うこともあったりしたんですけど、「ホットケーキアートチャンピオン」ってめっさわかりやすくキャッチーなパンチラインなんですよね。ネタにもしやすいし。
なのでとうぶんはこすりたおしていきたいなと。

もちろんそれが話題にできるうちにお仕事もちゃんとしていきたいとおもってるんですけども。
  1. 2017/05/27(土) 04:25:32|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の赤津まとめ

やべええええええええまた更新してないぃぃぃいいい!
ってなってるんですよ。もう結構前から。

でもね。あのね。なんかね(幼児退行)
時間に追われてアレコレしてたら気がついたらこんなに時間経ってるわ、告知しないとアカンやろ…あんた
自分のすくない(公開できる)仕事くらいちゃんと描いとかな…!
みたいな焦燥感にしっかり駆られるわで。

まぁ無茶苦茶な文章になってるのは自覚してるレベルなんですけどまとめていきましょう(早)

【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態 麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付
シン・ゴジラですよ!シン・ゴジラ!
なんと赤津、こちらシン・ゴジラWalkerで1枚イラストを寄稿させていただきましてございます!
錚々たる名前の末席に突然あらわれる「え、誰?」状態ですけども!
ヤシオリ作戦をイメージした1枚を描かせていただきました!
現在絶賛発売中でございます!ポチッと!買うてーーーーー!

ウルトラセブン放送開始50周年記念展〜モロボシダンの名をかりて
ウルトラセブンですよ!ウルトラセブン!ノリに代わり映えがなくてすいません!
京都高島屋で現在絶賛公開中。ウルトラセブンのストーリーをセットや模型などで追っていきます。
私はその中で「ノンマルトの使者」の回をイメージしたイラストを寄稿させていただきました!
なんとTシャツにもなっており、グッズ売り場にて販売中です!来て!見て!買うてーーー!!

MARS16 東方projectデザインTシャツ・パーカー
こちら昨年夏からお世話になっておりますMARS16!東方Projectのイラスト・デザインパーカーを担当させていただいております!
かっこいい感じに着れるようにデザインしてみました!春の装いにぜひ!ぜひ!!

UD PREMIUM 東方projectデザイングッズ各種(iPhoneケース、モバイルバッテリー、名刺入れ)
こちらも東方Project!各種グッズのイラスト担当させていただいておりますですよ!
高級感あるクールなデザインを意識してみました!毎月予約受付中!

UNDERGROUND MAKINA CONNECTIONZ VOL​.21
こちらは知ってる人にとっては毎度おなじみUMCシリーズ第21弾(!!!)
毎度ながらジャケットアートワークを担当させていただいております!
本日(!!)M3からリリースとなっております!

赤津 豊オリジナル 限定キャラファイングラフ販売
こちらstudio禾楽にて、私のオリジナルイラストを高級感あるキャラファイングラフに出力していただき、額装で販売しております!
私の絵を部屋にかざってみたい!そんなあなた!今がチャンスです!!w




駆け足でだだだだーっとまとめてきました。
最近わりと裏方みたいな仕事が多くて、表だってお話するようなことがあんまりできてなかったんですけど
仕事なんとかかんとかやってますよ!ってことで。
このへん見て、よかったよ!応援してるよ!買ってるよ!
みたいなお便りおまちしております!
  1. 2017/04/30(日) 13:24:05|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恥ずかしながら、チャンピオンだってよ

このテキストを打ってる時刻で言えば、みなさんこんばんは。朝読む人おはようございます。昼に読む人こんにちは。赤津豊です。

いや、ホットケーキアートチャンピオン赤津豊です。

先日ブログで告知したとおり、先日の土日は大阪はアメリカ村BIGCATでLIMITSデジタルアートバトルが催されたのですが、そこで私赤津は「森永ブレイク ホットケーキアートバトル」に出場し、まさかまさかの、よもやの、予想外にも、誰も予想だにしなかった(であろう)優勝する、という結果に至ったのでした!!!!

もしかしたらこのブログを見ている方で会場に感染もとい観戦しにきた方もいらっしゃるかもしれません。あるいはニコニコ生放送やFRESH! by AbemaTVなどのインターネット中継番組でごらんになった方もいるかもしれませんが、どうでしたか?楽しんでいただけましたか?デジタルアートバトル本戦!すごかったですね!手に汗にぎる白熱の大バトルでしたね…!
その合間にそっとやさしく差し挟まれた、敷布団と掛け布団の間の毛布のように(毛布を下に敷くか上に敷くかなどの主義主張についてはここではさておいて)ゆるく暖かな存在…と見せかけて実はLIMITS本線にも負けまいとする熱さでしのぎを削ったホットケーキアートバトル、バトル前にプレゼンターでもある森永製菓さんの使者こと稲垣シェフの見せた(魅せた)ホットケーキアートのクオリティが高すぎて自分内でいろんなハードルが上がりまくってしまい、普通に胃が痛くなっていたよ!マジだよ!
赤津どんだけメンタル弱いんだよ…って思うでしょ?それは100人以上の観衆の前でホットケーキを焼く、などという狂気の沙汰を体験してないから言えるんだよ!大会前のセッティングリハの段階で、ステージにぽつんと置かれたホットプレートとそれを取り囲むステージの大仰さのアンバランス加減を見た時は私ふつうに「逃げ出したい…!」そう思いましたよ?
しかも対戦相手はLIMITSランキングで上位の猛者ばかり…!私10位圏外なんだよ!完全にうっかり迷子みたいな気分だよ!
いまこのブログ更新してる時点ではまぁ、結果まぐれというか奇跡というか、時の運もあって優勝しましたけども。でも今考えても本当に、断言できますけど「実力で勝った」なんて思えるもんじゃないですよ。
実力が拮抗してた、とかでもないと思ってます。
これはLIMITS本戦でも言える、まさに勝負というもののわからなさ、醍醐味、真骨頂とも言える部分だとは思いますけども。
とにかく緊張感が支配する二日間。そしてその緊張感とはもちろん勝敗というカタルシスを呼び起こすためのものである。
観客側の皆さんはもちろんその波を心地よく体験するのが正しく、オススメできる、そしてそれに見合ったイベントであったと思います。でもねぇ。一介の絵描き男にはなかなかハードルが高かったんですよ!
かと言って「もうこりごりだよ!2度と出るか!」ということはなく、やはり絵を描く者として、この大会は出てみる価値のあるイベントではあると思います。その正体はなんであるか、ということは私にもまだわかりません。まぁわかんないから出てる、とも言えます。

まぁ、そんなまた真面目な雰囲気にまとめようとしてもアレですし。
ここで優勝した私のなかなか素敵な姿でも見ていただきましょうかね…!


hotcaking


どうだい…!?全身もみるかい…!?

hotcakesan

オーケーオーケー。言いたいことはわかる。
素敵だろう?

私も最初この姿で会場内をつれまわされたときは「生きることの意味」について真剣に考えたりもしましたが、見知らぬ子供がちょっと羨ましそうにこっちを見ている視線を感じたあたりから楽しくなってきましたわよ。もうね。ホットケーキさんとしてフルスイングする気持ちでいます。今は。ええ。そうですとも。
まぁ同じながれでご年配の素敵なご夫婦にさっと避けるように道を譲られてしまったということもここに記しておきますが。
まぁだいたいみんなネタを見る目つきで私の姿をパッシャパッシャと写真に撮ってましたけど(送ってきてください)

そんなわけで、私のホットケーキさんとしての人生は終わってないっていうか、まだ賞品であるホットケーキミックス一年ぶんが手元に来てませんし、さらに森永製菓さんのクリエイティブ案件に携わる権利を得たということで、むしろまだはじまってない、これからはじまる赤ホットケーキ津にご期待くださいって感じだ!

うすうす感じてる方もいると思いますが、いま「ブログ書く時はがんばって長文も辞さず」を実践してるのですけども、これめっちゃ時間かかるな!とりあえず今日はここまで!

お祝いのコメント、品物、ファンレターなどなどいつでもおまちしております!
  1. 2017/02/07(火) 03:52:28|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今更ながら、そしてずっと思っていますし皆さんわかってるとは思いますけども

ブログを毎日書くというのは無理なんじゃないのか…!?ということですよ。
仕事でそんな毎日ネタになるようなおもしろいことなんてないじゃないですか?私って(知らんがな)

むしろそういう何でもないような日々を淡々と書き綴る、というのもアリとは思ってるんですけども、なんか慌ただしさだけは一丁前で気がついたら数日すっとばして何も更新してないなんて状態なわけですよ。今がまさにそうだよ!去年なんてひどいでしょ!w

昨年のクリスマスに階段を転げ落ち捻挫、かーらーのぎっくり腰っていう流れから間も無くひと月。
もう行動に痛みを伴うことも少なくなってきましたが、太ももから膝にかけての神経がときおりヒリヒリとしてまいります。あっためたらマシになるのですけども。あと階段移動するときなんかまだちょっと怖いというか、従来以上に警戒心をもって慎重に降りたり、降りてる最中にこう…ふわっと空間が揺れるというかなんか不安定になる感覚があってドキドキしてしまいます。一種のトラウマか。

もう若くないんだし、ほんとケガなんてするもんじゃありません。

仕事をする合間に、最近オリジナルの漫画のプロットを練ったりしております。別に特にどこに出すかも考えてもいないしそんな話もいただいてませんから自分のペースでなんですけども、数年前にメモをとっていた基本設定のテキストを見返して、微修正したりエピソードを詰めたり。もちろん漫画として描きたいけど、自分のキャリア考えてもこれを今までのアプローチで描いてもあんまり上手くいかないような気がしているので、そもそも絵柄をガラッと変えられないかなーとおもい、模索中です。そんなこと言いながら結局いつもの赤津の絵って感じで描いちゃう可能性もあるんですけども。
絵柄は作家のキャラクター性というか、作家性を体現する要素としてだいぶ大きいものだと思ってますけど、私は長い間その、自分の作家性みたいなものを定義することを避けてきたところがあるので、そしてそのおかげでかつてはガンダムの漫画とか描かせてもらえたりもしたし、ほかのイラスト仕事もその延長線上でやってきたわけなのですが。

これまでのノウハウを自分なりに公式のような、技術体系のようなものにまとめて(まとめてって言ってもべつに本にしたわけでもないですし、考え方として整理しただけなんですけども)それで今は専門学校で講師のお仕事なんかもさせてもらってますけども、ちょっとそれらを踏まえつつ、さらに次の段階(なんてものがあるのか?自分にできるのか?はさておき)をさぐって、カタチにしていけたらと思っております。

それがどんな感じのものになるのかはぜんぜんわかってないんだけども。
どこに向けてるかもわからないんだけども。
ここ数年でなんとなく自分が好きなものを再定義して、再学習してきた気分もあるし、最初に「もう若くないんだし」とか言っといてなんですけども、じつは体力以外はぜんぜん昔から衰えてない気もしてる(これは気のせいの可能性がじゅうぶんあることも重々承知の上で)ので、まぁ、ちょっと楽しくできるんじゃないかという楽観主義で。

そんなポジティブな気分でいられてるうちに、ここに書いとこうかと。さぁもう書いちゃったぞ。
  1. 2017/01/20(金) 03:31:13|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだ足腰が完調ではないのですけれども

完調って文字で見たらもちろんわかってるんですけどイントネーションは浣腸と同じですよね?ちがう?関西弁?

昨年のクリスマスイブに階段を転げ落ち、その翌日にぎっくり腰を誘発して以来、ステッキを購入してそれを頼りに生きてきてたのですけども、今日は試しもあってステッキなしで学校に出かけてみました(講師業)。
まぁもうそろそろ大丈夫かなーというのと、杖ついて出勤なんてすると必要以上に心配されそうだしこっちも「ツライんす!」アピールみたい!はずかしい!って気持ちもあってですね。いや実際やっぱりまだちょっとツラかったですけどもw

階段の上り下りとかはまだスムーズにいかないということはわかったのと、実際世の中はなかなかバリアフリーというわけにはいかないんだな!と足首捻挫した程度で実感しまくりますので怪我もたまにはしてみるのもいいかもしれません。
とりあえず個人スタジオの作画用の椅子はアーロンチェアはとっても優秀なんだな…!と痛感した次第。ふつうの椅子だと2時間座ってたら腰に負担がすごいよ!病み上がり!
アーロンだと半日は耐えられる。あと腰と足首は湿布とサポーターで固めてるからまだ大丈夫なんだと。
5年ほど前にはじめてぎっくり腰をやったときは2週間くらいで元気になった記憶が…もう2週間たったけど今回のは…これは…加齢のせいか…!?
とはいえ日に日に痛みはマシになってきてる気はします。

今日は講師業のほかにイラスト制作。とある企画用。
最近はクライアントのニーズにテイストを寄せすぎてるんじゃないかなーという危惧。なんで危惧かというとそれは結局本当に「クライアントが欲しいものそのもの」になりえないし、制作者側からしても納得や満足につながりにくいからだ。
なんかお仕事として「こなしてる」って感じになってるんじゃないかなと心配になったりそんな悠長なこと言うてるヒマじゃなかったり。
最近はオリジナリティとか、作家性みたいなことをよく考える。私にいちばん足りないもの(苦笑)

art20170111.png

  1. 2017/01/11(水) 03:01:16|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せっかくなので2016年よく聴いたなーっていう音楽をざっと

METAFIVE  METAHALF - EP
METAFIVE   META
Beyoncé  Lemonade
The Last Shadow Puppets   Everything You've Come To Expect
冨田ラボ   SUPERFINE
Pastacas   Phoned
在日ファンク   レインボー
Chance the Rapper   Coloring Book
堀込泰行  One
Public Access T.V.  Never Enough
BUCK-TICK  アトム 未来派 No. 9
mia  AIM
浜崎容子  BLUE FOREST
The Get Down (Original Soundtrack from the Netflix Original Series)
シング・ストリート 未来へのうた (オリジナル・サウンドトラック)
GOLD PANDA  Good Luck and Do Your Best
The Kills    Ash & Ice
Blood Orange   Freetown Sound
氣志團   不良品
KIRINJI   ネオ
アーバン・ダンス  U-DNA
Swans   The Glowing Man
BOOM BOOM SATELLITES    LAY YOUR HANDS ON ME - EP
Quantic Presenta Flowering Inferno   1000 Watts
Garbage  Strange Little Birds
乃木坂46   それぞれの椅子
ニュー・オーダー    Complete Music
ANOHNI   Hopelessness
AA=   #5
Bibio  A Mineral Love
Kanye West  The Life of Pablo
エスペランサ・スポルディング  エミリーズ・D+エヴォルーション
欅坂46  サイレントマジョリティー
Perfume  COSMIC EXPLORER
乃木坂46  ハルジオンが咲く頃
シーア   This Is Acting
テデスキ・トラックス・バンド   レット・ミー・ゲット・バイ
入江陽  SF
チャラン・ポ・ランタン   借りもの協奏
チャラン・ポ・ランタン   女の46分
デヴィッド・ボウイ  Blackstar
Sixx:A.M.    プレイヤーズ・フォー・ザ・ダムド 1&2
ザ・ウィークエンド    Starboy
ベン・ロンクル・ソウル     Under My Skin


いちおう2016年に出たやつから挙げときます。
それより前に出たのとかで聴いたなーっていうのもありますけどキリなくなるとおもって。
世間一般でも言われてそうな感じありますけども、2016年は音楽も映画もなんとなくシフトの切り替わった感じがあるような出来事や作品が多かったかもしれませんね。ものを作るときのアティテュードが変わってきたのが具現化してきているのかもしれません。

そう考えたらまだ今年もバンバンおもしろい事がおこるんでしょうね。私もなんかなんとかしないとなー、と思ってます。
  1. 2017/01/10(火) 00:25:19|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はぁぁあああああああんとし!

あああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁあああああああああああけましておめでとうございます!
こいつはいけねぇ…!1年前の今頃は「よしもっと頻繁に更新するぞ!」って思っていたはずだ私。
さらにその1年前にも同じようなことを…そのまたさらに前の年も(以下略

なんにしてもこれはいけませんね…いけませんよ。
私という人間のいい加減さをですね…!
何をやっているんだという。

そんな訳でタイトルにもあるように、半年ぶりのブログ更新ですありがとうございますすいませんただただすいません。
昨年クリスマスイヴに階段を転げ落ち、足首が引くほど腫れたんですよ。
たとえるならスラムダンクで赤木がテーピングを要求するときくらいの腫れですよ。
で、足をかばいつつ歩いていたら姿勢がおかしかったのかぎっくり腰を誘発してしまいまして。
ええ。ええ…そんなわけで年末年始はろくに移動もできないわ!という感じにすごしておりました。

気がつけば新年…っ!
もうすこし…いや、ここで少しとか言っちゃうから更新をさぼるんだ。
ガンガン更新をだな!する心意気でだな!
とか言いながらもう今年も10日経っちゃってるわけだけどな!

そんなわけで今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2017/01/10(火) 00:15:46|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年3度目の更新が半年もあけて、というていたらく

というていたらく、ってひらがなで書かれたのをじーーーーっと眺めてたらゲシュタルト崩壊を起こしてしまいました。
ただいま朝6時。完全に徹夜明けのテンションで思い立っての久々のブログ更新です。みなさまごきげんうるわしゅう。

いつもこのブログの更新の期間が開きすぎて、更新のたびに「この更新が滞っていた間にこんなことが〜」って書いてたりするような気がしないでもないですけど、まぁ半年も経つとなんか結構忘れちゃってたりするんですけども、何があったかな…!と思って振り返ってみたらデヴィッドボウイの訃報以降もなかなか衝撃を受けるニュースが続いていますね。

きっと天国で大規模なフェスでも開催されてしまうのではないでしょうか!


あ、前回更新時の「東方iPhoneケース」、今ではさらに携帯用外付けバッテリーのほうでも絵を描かせていただいてるんですけども、先だって貼り付けていたURLがリンク切れてしまっている、と今気づいたので

http://ud-store.jp/

こちらから!!ごらんになっていただければ!と思います!

この後もひきつづき絵を描かせてもらう予定でおりますので、東方project好きな方も、ギルドデザインのiPhoneケースでかっこいい絵柄のものがほしいな!という方も、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

もうずっと長いことそうなんですけど、いよいよ水面下でのお仕事がずっと水面下のままオモテに出ることはない、という雰囲気になっておりまして、私のお仕事を追っている、という奇特な方はまぁいないんじゃないかな…と実感しているのでそれはそれでいいか、という気持ちもあるんですけど、そしてまぁ書けば書くほど何言ってるかわかんない感じになってきてはいるんですけども、とりあえず、なんとか生きてます。

名前を伏せたり名前を変えたりして原稿描いたり学校で非常勤講師をさせてもらったりとかなんかあちこちの企画会議に呼ばれたりたんに電話で相談に乗ったりと、まぁ近い業界の人なら察しがつくかもしれませんが、どれも単価の安い、あるいはノーギャラのお仕事(ノーギャラは仕事なのか!?)という案件に追われてたりしています。私は元気です。

ノーギャラで絵を描いたり知恵を出したり情報を伝えたりする、という行為に関しましては、私も全面的に良いことと思っているわけではありませんけど、ケースバイケースといいますか、なんかこのことに関してはちゃんと文章にまとめていずれココに書けたらいいかもしれませんね!
こういうことはちょっと説明が足りないまとめかたになったりすると、たいへんな誤解をまねくことになるかもしれませんから。

でもブログに書いてること自体がそもそもノーギャラなんだよな…!


さて、仕事がんばるんで!股!又!
  1. 2016/06/14(火) 06:23:26|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いかんいかん遺憾移管偉観

あけましておめでとうございますとご挨拶したのも年アタマから一週間遅れ、そしてさらにその後一ヶ月以上放置しちゃってるじゃないですかー。だめだわー。よろしくないわー。

年明け早々ずっとお仕事してました。はたらかざるもの食うべからずですよ。
働けど働けど我が暮らし楽にならずですよ。

ともあれ私余裕しゃくしゃくだった試しがないからもしかしてこの仕事むいてないのかな…!?
いまさら言ってももうどうにもならないのでしがみついていきますけどね!ハングリー精神とワーカホリックによるポジティヴなバイヴスでうんたらかんたらですよ!



はっこんな事書いてる場合じゃない。
前回更新直後に私はデヴィッドボウイの最新アルバム「★」を聴いて感動して、ちょっとさかのぼって「Reality」から「The Next Day」そして「★」と上り調子でここにきて何度めの最盛期なんだ!次のアルバムが早くも楽しみだよ!
とワクワクしながらアルバムをリピートして聴いてましたら

なんとデヴィッドボウイが亡くなられてしまいました。

こんなすごくなんというか現役感のあるアルバムを発表した直後に死んでしまうなんて、でもこの状況になってからあらためて
「★」を聴くとまるでそれはボウイの遺言のようではないかと感じるようでいて、でもよく考えたらボウイっていっつも死とかメメントモリ感みたいなものを歌ってた気がするのでよくわかんないんだ…!
意図的なのか、どういう意図での意図的なのか、そもそも意図ってなんなんですかとか。

とにかくボウイ死去のニュースを知ったとき、迫り来る〆切のことも忘れて
勢いで描いたデヴィッドボウイを置いておきますね。

davidbowie20160209rip.jpg

これまで習作的になんどかトライしてきたボウイ絵ですけども、どうにも納得のいく仕上がりになったためしがない。
ボウイは最盛期みたいなのがいくつかあって、そのどの時期も音楽面だけにとどまらずヴィジュアル面でも変化しつづけてきたからか、そして私が「ボウイといったらこの時期の!」みたいなのがなくてわりとどの時期のボウイも好き(一般的に超バカにされてるティンマシーンの時期でもわりと好きという)なせいか、「このへんを押さえて描けば雰囲気でる」みたいなのがつかみきれないんですよね…!
ちょっと時間みてまた描いてみたいなと思います。



去年から少し某プロジェクト2件に関わってるようなどうなるんだ?これ?というような流れのなかにいます。
はたしてこれら2件の企画はここで公表される日がくるのでしょうか?
なんか、これ読んでる人には「なんだそれは、もったいぶってるんじゃないよ」と思われてしまうかもしれませんが
私もほんとにどうなるかよくわかんないまま関わってるんですよね…
そんなのが2件も同時期に進行してるとか、なかなか恐ろしい気もしますけど、まぁそういう業界なのでしょう。
「なのでしょう」なんつって業界不慣れな人みたいになってますけど
気がついたら私マンガ家デビューしてから15年とか経っててビビります。
お祝いお待ちしております。

つい先日プリメインアンプがどうやらお逝きになってなってしまわれたようでして、
私ふだんはテレビもパソコンも音声はぜんぶアンプを介してスピーカーから鳴らしてたものなのを
やむなくいまどっちも本体から音を出してるんですけど、ものすごく慣れない…!
はやくなんとかしないとなー。

★はい、お知らせー★

少し前にも告知してますが
『東方Project』×『ギルドデザイン』iPhoneケース、あれからも少しずつデザイン増えたりしてます!
http://ud-store.jp/products/th_iphone566p
IMG_5721.jpg
私もじぶんのiPhoneに装着しております。チルノ!

ギルドデザインのケースは高級感あっていいですね。昔はアルミケースは電波の受信悪くなるとか言われましたけど
昨今はどうなんでしょう?とりあえず私の実感としてはそんなわるくなったなーとか、不具合的に感じた事はないですね!


  1. 2016/02/11(木) 06:51:30|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンボールが「まだもうちょっと続くんじゃ」って言って何年たったっけ?

 インターネットを利用するときに、自分がその都度試される気分になることがある。
岐路に立たされる。問いかけられる。それがただ何かをふと、検索するときでも、Twitterに何気なくどうでもいいことをつぶやくようなときでも。
 でもよく考えてみたらそれは日常生活でも同じレベルで起こっていることのはずなのだ。もしかしたらそんな事とっくにわかってる人もいるだろうし、うまく使い分けている人もいるだろうし、用心深さのあまり結局どちらの世界でも何も特別な行動をとろうとしない、というひともいるだろう。まったく何も意に介さないという人もいるだろう。

 そう言えば先日は東京でコミケでしたね。もう3年ちかく参加していないコミケ。ちょうど時期的に忙しすぎて、参加を断念していたのですけども、また参加したいですなー。そもそも漫画家としてのデビューが持ち込みだったせいもあるし、そもそも学生時代にマンガを描く友達がいなかったしそういう部活にも入ってなかったせいか、同人誌というものをほぼほぼ知らないままお仕事をするようになったのです。
客観的にみて同人誌というものはとてもおもしろいモノで、魅力的に感じるのですけど、気づいた順序が悪かったと言いますか、どういう角度で能動的に入ればいいかわからなくなってましたね。(というかそもそもそんな角度とかどうでもいいじゃないか、っていう指摘はしごくまともだしわかってますよ。逆にいうとその指摘普通だから!没個性!)

ここ数年、やっといろいろとわかってきたなーという気になってきた。なにもまだ解答は得てないけども。すくなくとも考えるための引き出しがやっと出来て来た気分。そしてそれに気づいた時にはもう遅いかも、というプチ絶望感と、楽観的な希望。
15年前、漫画家としてデビューしたときと何にも変わらない気分だから、まだ私も学ぶ事ができているんだ。という安心は少しあるかな。

というわけでどこまでやれるのか全然わからないけども、まだもうちょっとつづくんじゃ。気分。


DSC02153.jpg
  1. 2015/08/18(火) 03:40:31|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ