FC2ブログ

極東アルビノ/blog

まだ足腰が完調ではないのですけれども

完調って文字で見たらもちろんわかってるんですけどイントネーションは浣腸と同じですよね?ちがう?関西弁?

昨年のクリスマスイブに階段を転げ落ち、その翌日にぎっくり腰を誘発して以来、ステッキを購入してそれを頼りに生きてきてたのですけども、今日は試しもあってステッキなしで学校に出かけてみました(講師業)。
まぁもうそろそろ大丈夫かなーというのと、杖ついて出勤なんてすると必要以上に心配されそうだしこっちも「ツライんす!」アピールみたい!はずかしい!って気持ちもあってですね。いや実際やっぱりまだちょっとツラかったですけどもw

階段の上り下りとかはまだスムーズにいかないということはわかったのと、実際世の中はなかなかバリアフリーというわけにはいかないんだな!と足首捻挫した程度で実感しまくりますので怪我もたまにはしてみるのもいいかもしれません。
とりあえず個人スタジオの作画用の椅子はアーロンチェアはとっても優秀なんだな…!と痛感した次第。ふつうの椅子だと2時間座ってたら腰に負担がすごいよ!病み上がり!
アーロンだと半日は耐えられる。あと腰と足首は湿布とサポーターで固めてるからまだ大丈夫なんだと。
5年ほど前にはじめてぎっくり腰をやったときは2週間くらいで元気になった記憶が…もう2週間たったけど今回のは…これは…加齢のせいか…!?
とはいえ日に日に痛みはマシになってきてる気はします。

今日は講師業のほかにイラスト制作。とある企画用。
最近はクライアントのニーズにテイストを寄せすぎてるんじゃないかなーという危惧。なんで危惧かというとそれは結局本当に「クライアントが欲しいものそのもの」になりえないし、制作者側からしても納得や満足につながりにくいからだ。
なんかお仕事として「こなしてる」って感じになってるんじゃないかなと心配になったりそんな悠長なこと言うてるヒマじゃなかったり。
最近はオリジナリティとか、作家性みたいなことをよく考える。私にいちばん足りないもの(苦笑)

art20170111.png

  1. 2017/01/11(水) 03:01:16|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

せっかくなので2016年よく聴いたなーっていう音楽をざっと

METAFIVE  METAHALF - EP
METAFIVE   META
Beyoncé  Lemonade
The Last Shadow Puppets   Everything You've Come To Expect
冨田ラボ   SUPERFINE
Pastacas   Phoned
在日ファンク   レインボー
Chance the Rapper   Coloring Book
堀込泰行  One
Public Access T.V.  Never Enough
BUCK-TICK  アトム 未来派 No. 9
mia  AIM
浜崎容子  BLUE FOREST
The Get Down (Original Soundtrack from the Netflix Original Series)
シング・ストリート 未来へのうた (オリジナル・サウンドトラック)
GOLD PANDA  Good Luck and Do Your Best
The Kills    Ash & Ice
Blood Orange   Freetown Sound
氣志團   不良品
KIRINJI   ネオ
アーバン・ダンス  U-DNA
Swans   The Glowing Man
BOOM BOOM SATELLITES    LAY YOUR HANDS ON ME - EP
Quantic Presenta Flowering Inferno   1000 Watts
Garbage  Strange Little Birds
乃木坂46   それぞれの椅子
ニュー・オーダー    Complete Music
ANOHNI   Hopelessness
AA=   #5
Bibio  A Mineral Love
Kanye West  The Life of Pablo
エスペランサ・スポルディング  エミリーズ・D+エヴォルーション
欅坂46  サイレントマジョリティー
Perfume  COSMIC EXPLORER
乃木坂46  ハルジオンが咲く頃
シーア   This Is Acting
テデスキ・トラックス・バンド   レット・ミー・ゲット・バイ
入江陽  SF
チャラン・ポ・ランタン   借りもの協奏
チャラン・ポ・ランタン   女の46分
デヴィッド・ボウイ  Blackstar
Sixx:A.M.    プレイヤーズ・フォー・ザ・ダムド 1&2
ザ・ウィークエンド    Starboy
ベン・ロンクル・ソウル     Under My Skin


いちおう2016年に出たやつから挙げときます。
それより前に出たのとかで聴いたなーっていうのもありますけどキリなくなるとおもって。
世間一般でも言われてそうな感じありますけども、2016年は音楽も映画もなんとなくシフトの切り替わった感じがあるような出来事や作品が多かったかもしれませんね。ものを作るときのアティテュードが変わってきたのが具現化してきているのかもしれません。

そう考えたらまだ今年もバンバンおもしろい事がおこるんでしょうね。私もなんかなんとかしないとなー、と思ってます。
  1. 2017/01/10(火) 00:25:19|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はぁぁあああああああんとし!

あああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁあああああああああああけましておめでとうございます!
こいつはいけねぇ…!1年前の今頃は「よしもっと頻繁に更新するぞ!」って思っていたはずだ私。
さらにその1年前にも同じようなことを…そのまたさらに前の年も(以下略

なんにしてもこれはいけませんね…いけませんよ。
私という人間のいい加減さをですね…!
何をやっているんだという。

そんな訳でタイトルにもあるように、半年ぶりのブログ更新ですありがとうございますすいませんただただすいません。
昨年クリスマスイヴに階段を転げ落ち、足首が引くほど腫れたんですよ。
たとえるならスラムダンクで赤木がテーピングを要求するときくらいの腫れですよ。
で、足をかばいつつ歩いていたら姿勢がおかしかったのかぎっくり腰を誘発してしまいまして。
ええ。ええ…そんなわけで年末年始はろくに移動もできないわ!という感じにすごしておりました。

気がつけば新年…っ!
もうすこし…いや、ここで少しとか言っちゃうから更新をさぼるんだ。
ガンガン更新をだな!する心意気でだな!
とか言いながらもう今年も10日経っちゃってるわけだけどな!

そんなわけで今年もよろしくお願いいたします。
  1. 2017/01/10(火) 00:15:46|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年3度目の更新が半年もあけて、というていたらく

というていたらく、ってひらがなで書かれたのをじーーーーっと眺めてたらゲシュタルト崩壊を起こしてしまいました。
ただいま朝6時。完全に徹夜明けのテンションで思い立っての久々のブログ更新です。みなさまごきげんうるわしゅう。

いつもこのブログの更新の期間が開きすぎて、更新のたびに「この更新が滞っていた間にこんなことが〜」って書いてたりするような気がしないでもないですけど、まぁ半年も経つとなんか結構忘れちゃってたりするんですけども、何があったかな…!と思って振り返ってみたらデヴィッドボウイの訃報以降もなかなか衝撃を受けるニュースが続いていますね。

きっと天国で大規模なフェスでも開催されてしまうのではないでしょうか!


あ、前回更新時の「東方iPhoneケース」、今ではさらに携帯用外付けバッテリーのほうでも絵を描かせていただいてるんですけども、先だって貼り付けていたURLがリンク切れてしまっている、と今気づいたので

http://ud-store.jp/

こちらから!!ごらんになっていただければ!と思います!

この後もひきつづき絵を描かせてもらう予定でおりますので、東方project好きな方も、ギルドデザインのiPhoneケースでかっこいい絵柄のものがほしいな!という方も、ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

もうずっと長いことそうなんですけど、いよいよ水面下でのお仕事がずっと水面下のままオモテに出ることはない、という雰囲気になっておりまして、私のお仕事を追っている、という奇特な方はまぁいないんじゃないかな…と実感しているのでそれはそれでいいか、という気持ちもあるんですけど、そしてまぁ書けば書くほど何言ってるかわかんない感じになってきてはいるんですけども、とりあえず、なんとか生きてます。

名前を伏せたり名前を変えたりして原稿描いたり学校で非常勤講師をさせてもらったりとかなんかあちこちの企画会議に呼ばれたりたんに電話で相談に乗ったりと、まぁ近い業界の人なら察しがつくかもしれませんが、どれも単価の安い、あるいはノーギャラのお仕事(ノーギャラは仕事なのか!?)という案件に追われてたりしています。私は元気です。

ノーギャラで絵を描いたり知恵を出したり情報を伝えたりする、という行為に関しましては、私も全面的に良いことと思っているわけではありませんけど、ケースバイケースといいますか、なんかこのことに関してはちゃんと文章にまとめていずれココに書けたらいいかもしれませんね!
こういうことはちょっと説明が足りないまとめかたになったりすると、たいへんな誤解をまねくことになるかもしれませんから。

でもブログに書いてること自体がそもそもノーギャラなんだよな…!


さて、仕事がんばるんで!股!又!
  1. 2016/06/14(火) 06:23:26|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いかんいかん遺憾移管偉観

あけましておめでとうございますとご挨拶したのも年アタマから一週間遅れ、そしてさらにその後一ヶ月以上放置しちゃってるじゃないですかー。だめだわー。よろしくないわー。

年明け早々ずっとお仕事してました。はたらかざるもの食うべからずですよ。
働けど働けど我が暮らし楽にならずですよ。

ともあれ私余裕しゃくしゃくだった試しがないからもしかしてこの仕事むいてないのかな…!?
いまさら言ってももうどうにもならないのでしがみついていきますけどね!ハングリー精神とワーカホリックによるポジティヴなバイヴスでうんたらかんたらですよ!



はっこんな事書いてる場合じゃない。
前回更新直後に私はデヴィッドボウイの最新アルバム「★」を聴いて感動して、ちょっとさかのぼって「Reality」から「The Next Day」そして「★」と上り調子でここにきて何度めの最盛期なんだ!次のアルバムが早くも楽しみだよ!
とワクワクしながらアルバムをリピートして聴いてましたら

なんとデヴィッドボウイが亡くなられてしまいました。

こんなすごくなんというか現役感のあるアルバムを発表した直後に死んでしまうなんて、でもこの状況になってからあらためて
「★」を聴くとまるでそれはボウイの遺言のようではないかと感じるようでいて、でもよく考えたらボウイっていっつも死とかメメントモリ感みたいなものを歌ってた気がするのでよくわかんないんだ…!
意図的なのか、どういう意図での意図的なのか、そもそも意図ってなんなんですかとか。

とにかくボウイ死去のニュースを知ったとき、迫り来る〆切のことも忘れて
勢いで描いたデヴィッドボウイを置いておきますね。

davidbowie20160209rip.jpg

これまで習作的になんどかトライしてきたボウイ絵ですけども、どうにも納得のいく仕上がりになったためしがない。
ボウイは最盛期みたいなのがいくつかあって、そのどの時期も音楽面だけにとどまらずヴィジュアル面でも変化しつづけてきたからか、そして私が「ボウイといったらこの時期の!」みたいなのがなくてわりとどの時期のボウイも好き(一般的に超バカにされてるティンマシーンの時期でもわりと好きという)なせいか、「このへんを押さえて描けば雰囲気でる」みたいなのがつかみきれないんですよね…!
ちょっと時間みてまた描いてみたいなと思います。



去年から少し某プロジェクト2件に関わってるようなどうなるんだ?これ?というような流れのなかにいます。
はたしてこれら2件の企画はここで公表される日がくるのでしょうか?
なんか、これ読んでる人には「なんだそれは、もったいぶってるんじゃないよ」と思われてしまうかもしれませんが
私もほんとにどうなるかよくわかんないまま関わってるんですよね…
そんなのが2件も同時期に進行してるとか、なかなか恐ろしい気もしますけど、まぁそういう業界なのでしょう。
「なのでしょう」なんつって業界不慣れな人みたいになってますけど
気がついたら私マンガ家デビューしてから15年とか経っててビビります。
お祝いお待ちしております。

つい先日プリメインアンプがどうやらお逝きになってなってしまわれたようでして、
私ふだんはテレビもパソコンも音声はぜんぶアンプを介してスピーカーから鳴らしてたものなのを
やむなくいまどっちも本体から音を出してるんですけど、ものすごく慣れない…!
はやくなんとかしないとなー。

★はい、お知らせー★

少し前にも告知してますが
『東方Project』×『ギルドデザイン』iPhoneケース、あれからも少しずつデザイン増えたりしてます!
http://ud-store.jp/products/th_iphone566p
IMG_5721.jpg
私もじぶんのiPhoneに装着しております。チルノ!

ギルドデザインのケースは高級感あっていいですね。昔はアルミケースは電波の受信悪くなるとか言われましたけど
昨今はどうなんでしょう?とりあえず私の実感としてはそんなわるくなったなーとか、不具合的に感じた事はないですね!


  1. 2016/02/11(木) 06:51:30|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンボールが「まだもうちょっと続くんじゃ」って言って何年たったっけ?

 インターネットを利用するときに、自分がその都度試される気分になることがある。
岐路に立たされる。問いかけられる。それがただ何かをふと、検索するときでも、Twitterに何気なくどうでもいいことをつぶやくようなときでも。
 でもよく考えてみたらそれは日常生活でも同じレベルで起こっていることのはずなのだ。もしかしたらそんな事とっくにわかってる人もいるだろうし、うまく使い分けている人もいるだろうし、用心深さのあまり結局どちらの世界でも何も特別な行動をとろうとしない、というひともいるだろう。まったく何も意に介さないという人もいるだろう。

 そう言えば先日は東京でコミケでしたね。もう3年ちかく参加していないコミケ。ちょうど時期的に忙しすぎて、参加を断念していたのですけども、また参加したいですなー。そもそも漫画家としてのデビューが持ち込みだったせいもあるし、そもそも学生時代にマンガを描く友達がいなかったしそういう部活にも入ってなかったせいか、同人誌というものをほぼほぼ知らないままお仕事をするようになったのです。
客観的にみて同人誌というものはとてもおもしろいモノで、魅力的に感じるのですけど、気づいた順序が悪かったと言いますか、どういう角度で能動的に入ればいいかわからなくなってましたね。(というかそもそもそんな角度とかどうでもいいじゃないか、っていう指摘はしごくまともだしわかってますよ。逆にいうとその指摘普通だから!没個性!)

ここ数年、やっといろいろとわかってきたなーという気になってきた。なにもまだ解答は得てないけども。すくなくとも考えるための引き出しがやっと出来て来た気分。そしてそれに気づいた時にはもう遅いかも、というプチ絶望感と、楽観的な希望。
15年前、漫画家としてデビューしたときと何にも変わらない気分だから、まだ私も学ぶ事ができているんだ。という安心は少しあるかな。

というわけでどこまでやれるのか全然わからないけども、まだもうちょっとつづくんじゃ。気分。


DSC02153.jpg
  1. 2015/08/18(火) 03:40:31|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なにか有益な事でも書いておくか。

 ああ、タイトルは嘘です。
私がアニメやマンガや特撮を観る時の楽しみ方のひとつに「先の展開やオチを予想する」というのがあるんですけど、って別に私に限った話じゃないことは承知してますけども。
それをニチアサ特撮でやって本をつくってみようという企画を話してみたら暗黒通信団さんで夏に薄い本が頒布されることになりそうです。また詳しくは近日中に!



コミケには私個人は参加してないんですけども、今回はひさびさにそんな感じでかかわってます。現場にはいませんが…。
その他音楽関係のサークルでも少しお手伝いさせていただいてます。

■タイトル
Gensou Raving 04

■アーティスト
V.A

■サークル
音召缶

■Cut.No
OMK-35

■リリースデータ
2015.08.14

■頒布場所

コミックマーケット C88
1日目(8月14日)東シ-13b
Amateras Recordsにて合同頒布
3日目(8月16日)
西め28b 「SHARPNELSOUND」委託
西れ-18ab「MOB SQUAD TOKYO」委託

■C88会場特典
ステッカー

■頒布価格
イベント \1000/ショップ¥1188(税込)

■公式WEB
http://otomekan.net

■直リン
http://otomekan.net/omk-35/index.html


■Track List

Tr.01
QUEENS REQUIEM/DJ Shimamura
東方紅魔郷/亡き王女の為のセプテット

Tr.02
in the state of insane eyes/Irus
東方永夜抄/狂気の瞳~Invisible Full Moon

Tr.03
Last Resort/天音
東方地霊殿/ラストリモート

Tr.04
Reversed Offensive/Arch
東方輝針城/リバースイデオロギー

Tr.05
Faith vain humanism/MUZIK SERVANT
東方風神録/信仰は儚き人間の為に

Tr.06
Phantom Destruction/LU-I
東方幻想郷/幽夢~Inanimate Dream

Tr.07
City Lights/Freezer
東方神霊廟/デザイアドライブ

Tr.08
White Night/you
東方星蓮船/法界の火

Tr.09
Ethereal GMT/ DJ SHARPNEL
大空魔術/天空のグリニッジ

Tr.10
Salvation/3R2
東方妖々夢/幽雅に咲かせ、墨染の桜~Border of Life


------------------------------------------------------------------------------


さらにさらにさらに。
敬愛するお友達のグラフィティライターcosaoner氏のサイトがオープンしましたので宣伝協力。
http://cosaoner.wix.com/progressive
Tシャツの販売もあるそうですわな!
https://progressive.stores.jp/#!/

------------------------------------------------------------------------------

タイトルは嘘ですと書いておきながら、なかなか有益な情報が惜しげもなく放たれるインターネッツ。

  1. 2015/08/03(月) 04:12:58|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シリアスに考える、僕の悪いクセ

ブログを日記のように更新出来たらなぁ、といつも思うんですけど、生来のサボり癖もあっていつも放置状態になってすいません。
やるやる。やるよ!
面白い事書くよ!………嘘だよ!
そんなもんハードル上げた上でホントにおもしろい事かけたら今頃もっと違う仕事してるか
もっと売れてるわ!言ってて悲しくなるわ。

今更ですけど、ここ数年はしっかり漫画を描いてませなんだ。
復活した「code fractal」はありましたが。不定期で描いてますしね。
イラストとかデザインっぽいお仕事でなんとかなってしまってたり、しかもそれで結構寝る間もないくらいあくせくしていたりしたので
自称肩書き「漫画家」があまりにむなしく響く…そんな今日この頃でした。

漫画家でデビューしてから気がついたら15年とかなんですよ。ちょっとびっくり。
いやーホントかよーって感じですよ。
色々な仕事にある時はがっつり、あるときはいっちょかみ、お邪魔したり関わったりさせていただきました。
これからはどうなるんでしょうね。
今後とも皆様よろしくお願いいたします。

Twitterでさいきん不定期に載せているらくがき企画
「うれしょんちゃん」ですが
せっかくなのでここにも貼っておきますね。

うれしょんちゃん、それは感情の昂りとともにおもらししちゃう女の子。
突然の企画に「赤津どうしちゃったの?」「心配」「ついに本気だしたか」などのリアクションをいただいております。

また今後も描いてはTwitterにupしていく所存ですので
みなさんチェックチェック!

USG.jpgUSG02.jpgUSG03.jpgUSG04.jpgUSG05.jpgUSG06b.jpg
USG07.jpg
  1. 2015/06/06(土) 14:36:17|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UNDERGROUND MAKINA CONNECTIONZ VOL.18



http://umc018.tumblr.com/

UNDERGROUND MAKINA CONNECTIONZ VOL.18
いつもジャケットイラストを担当させていただいているUMCシリーズ18弾!18弾て!すごいな!
M3で初売りのようでござる!
  1. 2015/04/26(日) 03:05:56|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「こんばんは」と書くのに逆から読ませたい時は「わんばんこ」と書く

今年はなるべくブログ更新するぞー!と思ってたのにさっそく停滞しがちでいけません。
逆にもうTwitterとかやめてもいいくらいじゃね?と思うこともある場合もあったりなかったりもする。
Twitterというのは私的な交友関係でのコミュニケーションと公的な情報発信を同時に行うという意味で優れたツールだと思うが、一方で私的な交友関係のコミュニケーションと公的な情報発信が混同されたり意図しない方向に拡散されたりするリスクをはらんだツールでもあるとおもう。
まぁそんなもん今頃何言ってんのわかっとるわっていうのは私もわかっているわけですけども。
もう少し私は文字を書く訓練をする必要があると思う。という事に関して考えれば140文字という制限はハードルが高いのだ。気軽に見せかけてあんなにパーソナリティーの貧困さがうっかり浮き彫りになる錯覚に陥るツールは残酷なものにすら感じる。

でも一回やりはじめちゃうとやめるのは難しい。やめたらまたやりたくなったときになんとなく気恥ずかしいから。
引きこもりながらお仕事をしていると猛烈に人恋しくなってしまうこともあるのだ。
マンガを描くときもそうだしイラストを描くときもそうだし、こうして文字を書くときもそうだけど、私は無意識に公と個を切り離してアプローチし、表現をしようとしているんだと最近自覚した。遅いよ!私。
なので最近はそれをなるべく混ぜこぜにしていきたいと思っていて、その訓練のためにもこのブログをなるべく書いていく必要があるのだ。もっと日記のように日々の出来事をまとめていくべきではないかとおもっているのだ。

先日、だいだいだいだいすきなBUCK-TICKのアルバム「惡の華」の2015年ミックス版を購入以来愛聴しておりますが、近年もはや普通の概念のようになった「リマスター」どころじゃない、当時の音源をつかっていかに今様な音を再構築できるかという試み、そしてそれは成功しているように感じられ、とても楽しい。
「あーやっちゃった」みたいなオーバーな装飾はしていないし、それでいてあきらかに当時のCD音源とは別物で聴き比べれば聴き比べるほど楽しくもなったりする。今までBUCK-TICKのリマスター音源みたいなのは何度か出ていたし、実際それを聴いたときは「おーいい音になってるかも?」というくらいの変化を感じることはあったのだけども、今回の2015ミックスは本当に新鮮に感じる。

こういう試みはもっと他のミュージシャンやバンドにもしてみてもらっても良いような気もするけども、あんまりいませんね。

最近音楽のもつ可能性みたいなものをあらためて感じるけど、僕にはピアノがない、ギターはなぜか持ってるけどきみに聴かせる腕もない、ですよ。
ちょっとあらためて練習したいですねー。まずは弦を用意しなければ。
ぜんぜんマンガ家のブログじゃない気はしていますよ。ええ。


 
  1. 2015/03/06(金) 04:29:49|
  2. text
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ